これはなあに?!答えと我が家のレシピ


さて、今回は4枚目の写真の答え合わせ。


最初の写真から少し経った頃。

わかりますか?!

可食部は花の付け根から茎の間、小さいブツブツがありますね。


こちらは別のもの。

葉っぱの上に枯れた花のあとがありますね。

市販にはこの様な曲がった物は、訳ありや傷物としか出回りませんが、自然な物はこの様に個性豊かな物もあります。

形や見た目だけではなく、中身が大事!!



こちらの写真で答えはわかりますね!!


きゅうりです。

最盛期には取り忘れるとどんどん大きくなっていきます。

きゅうりの花言葉は「洒落」です。


そしてどの家庭でもたくさんとれるので、消費に苦労することも…。

頂いた上に、さらに家族がもらってきたり、嬉しい悲鳴ですが。

田舎あるあるです。


そんな時作るのは…。きゅうりの漬物。

我が家の1番人気です。そのレシピをご紹介させていただきます。


きゅうり1㎏に対し、醬油100cc、酢50cc、砂糖50g、お好みでショウガ。

きゅうりを少し大きめに切ります。輪切りなら厚めに。



調味料を鍋に入れて、砂糖を煮溶かします。

熱いうちにきゅうりにかけて、重しをします。

1回目。冷めたら、調味料だけを取り出し、もう一度煮立てて、きゅうりにかけて、重しをします。繰り返すことで味が染み込みます。


冷めたら出来上がり。冷蔵庫で冷やすと更に美味しいですよ。日持ちもいいですが、

我が家はあっという間に無くなります。


なかなか記事が書けなくて、すっかりきゅうりの時期は過ぎてしまいごめんなさい。


By ミルキー



記事作成:2021年9月16日

23回の閲覧