自家製しょうゆを作る

2年前から自家製醤油をつくっています

三岳地域に醤油搾り士さんがいて、搾ってくれます

(三岳地域は開田地域のとなりにある木曽町の中の地域です)


搾っるまでには約一年発酵させてます

その一番初めの工程をやりました


「塩切り」という、塩と麹をまぜる作業です

麹の山

塩や麹の塊がなくなるように混ぜます

そして、開田の湧き水をいれて、混ぜます


そして、定期的に天地返しをして、1年後には醤油になります

塩や麹は別のものですが、開田の気候と水で発酵した開田産の醤油ができます


写真は1年前に混ぜたものが醤油になっているところです

黒くてしっかりとした醤油になってます

同じ工程・材料でも、気候やちょっとした温度管理で味がかわります。

醤油作り仲間でも全然味が違うことがあります。

そんな家の味を楽しんで、交換するのが醍醐味ですね〜


来年の醤油も楽しみです!


記事作成:2022年4月11日 木村耕紀

閲覧数:24回