山と遊ぶ保育園

初めての開田保育園体験!!


子どもが、ではなく

親が体験!!


登園


井戸で水を出して


畑を一周して

運動靴で来ちゃった〜っと思った頃には濡れていました

水路の横を歩きながら、探していたのは

どじょう(どうじょ)、おたまじゃくし(じゃっく)



お次は、 大人でも大変な、山の登り

この崖を登ります・・・・


先生たちは慣れたもの

我が子も、いつもの様子

少し手を貸してもらうけど、どんどん登ります

途中で、ワラビとショウデを取りながら・・・・


とうちゃーく

そこは、秘密基地のような森の中の遊び場

真っ先に台所へ

味噌汁(?)を作ってくれました

そして、キノコの収穫もあり


園に戻ったら

お父さんたちは草刈り!!

園庭や畑の周りを草刈り機で草を刈ります

(開田の家には、一家に一台草刈り機があるらしいです)

(草刈りは集落での生活で必須です!!)


草刈りも無事に終わり解散

その晩は、山菜とキノコが食卓に並びました


保育園を通じて開田を満喫することができた1日でした


集落や個人ではなかなか体験できないことを、開田保育園を通じて子ども達が体験していることが分かりました。

社会性と自然を同時に体験できる保育園。

それが開田保育園なんですね〜


記事作成:2021年6月10日 木村耕紀


#開田高原 #開田 #kaida #開田保育園 #信州やまほいく #木曽町 #木曽 #kisodani #保育園 #山菜 #キノコ



34回の閲覧