top of page

行政懇談会に出席しました

木曽町の町長・教育長・役場担当者と開田地域の住民が政策について話をする機会がありました。

30名以上の地域住民が参加され、意見を交わしました。


今回注目された内容

・開田支所の建て替え

・中学生期の学校環境について(開田中学校の廃校、木曽町中学校への統合)

でした


開田支所の建て替えは、築55年ということ、地域住民へのサービス向上を目的として行われます

図書室・フリースペース・授乳室なども併設するということでした


中学校については

役場と地域のかたで話が行われていますが、反対・賛成の両方の意見が出ています

移住促進の側面から見ると中学校がなくなることで子どもを持つ親にとっては選択しにくい地域になってしまうと考えます


開田地区は木曽町のなかにある地域です

木曽町の行政と話し合いながら良い地域にしていく必要があります

地域としてどうなりたいか、どんな人に住んで欲しいか、家をどうするか、など

問題に向き合いながら開田を盛り上げていきたいですね


懇談会の様子は後日、議事録がでてくると思いますので、また紹介できればと思います


記事作成:2023年2月27日 木村耕紀

閲覧数:52回
bottom of page