top of page

4月の開田高原-2024-

開田の春は4月から始まります

春の始まりを告げるのは「野焼き」

昔、木曽馬の採草地を焼いていた名残で、今でも続いています

私の集落は畑などのススキをメインに焼きます


福寿草の開花に始まり、梅・桜・花桃・スイセン・芝桜など花が咲きました

例年だと5月上旬に咲きますが、今年は1週間から2週間早く咲きました

私の住んでいる集落には4種類以上の桜があります


スノータイヤから夏用タイヤへの交換も4月末から5月までに行います

2年前には4月に雪が降ったこともあり4月末にタイヤ交換をしています


山菜も今年は少し早めです

フキノトウ、ふき、タラの芽など続々と登場してきます

畑の畔に生えてくるフキノトウは天ぷらとふき味噌

タラの芽を頂いたので天ぷらにしました


開田小学校に通っている木曽馬の「とーねんこ」を見に行きました。「ぼー」だそうです。

とーねんこ:当年仔、その年に産まれた仔馬のこと

ぼー:男の子

可愛かったです



「野焼き」



花々









タイヤ交換は4月29日

今年は雪の心配はなかったですね〜



2歳児ががっつくタラの芽の天ぷら(天然もの)

お隣さんからもらいました



フキノトウも天ぷらに〜


とーねんこ、ぼー




開田の春、ワクワクしますね〜


記事作成:木村耕紀 2024年4月30日

Commentaires


bottom of page