春よ来い


3月半ばでも朝は霜が降りている日もある開田高原。

自宅ではまだ春の花は咲いていません。


花のように見える赤い植物はコーカサスキリンソウの葉。今は5ミリ程の大きさ。

数年前に苗を買って、屋外で冬越しできるか試しに植えてみたら、雪解けと同時に綺麗な赤い色を見せてくれて驚きました。


春夏は緑色ですが、寒さに当たると紅葉して深みのある赤い色に色づき、まるで小さな薔薇が地面に這っているかのよう。

小さな葉の状態で冬を越し、暖かくなると葉や茎をグングン伸して姿を変えていきます。


厳しい冬を乗り越えた植物たちが顔を出してくれる雪解けの季節。

出てきた芽を見ては、

「よ〜しよし、今年もよく頑張ったねぇ。」

と声をかけたくなります。


こちらはオダマキ。花は乳白色がかった水色でタワーライトブルーという種類。

種から育てて花が咲くまで3年かかりました!

今年も出てきてくれた〜!

花が咲いたら、株は枯れる三年草と思っていたので喜びもひとしお。



暖地では、3月末がサクラのシーズンでしょうか。自宅近くは5月上旬頃にヤマザクラが満開になります。

冬が長いからこそ、もうすぐ春が来るんだな、と心が踊りワクワクします。


記事作成:3月21日

閲覧数:39回