冬の模様




早いもので今年も残りわずか。

11月は暖かい日が多かったのですが、 12月に入ったとたん、この様子。

さて、これは何でしょうか?

ちょっとヒントが下に見えますね。

ガリガリに凍った車のフロントガラス。

この日は久しぶりに、グッと冷え込み、

野ざらしのフロントガラスにはこの様な

模様が。



他には・・・。

まさに、The雪の結晶や面白い模様も

ありますね。1台の車で色々な模様が見れました。

そこに太陽の光が当たるとキラキラ輝いてとてもキレイです。


そして今度はこちら、こちらも冬の風物詩。

そう、霜柱です。写真を撮ったのは、11時過ぎの日陰でまだまだ融けず。

土も凍っていて、ガリガリと音がしました。

 開田に引っ越して初めての冬。長い霜柱(写真のはまだまだ短いですよ)を見て、まるでエノキのようだと思いました。

そして子どもたちはこの長くなかなか融けない霜柱で、ままごとして遊んでました。


そして開田の冬といえば、ダイアモンドダスト!

空気中の水分が凍って、そこに陽が当たりキラキラ輝く風景はなかなか見られるものでは ありませんが、その様子を写真に撮ろうと、厳しい冷え込みの中、朝早くから開田を訪れる

写真家さんもいますよ。

寒さが厳しい開田高原ですが、その厳しい冷え込みがゆえに見られる、貴重な景色です。


記事作成:2020年12月7日

41回の閲覧