保育園ですんき

木曽の伝統食「すんき」

開田にある山下家の古い資料に出てくるので、開田が発祥の地といわれています


そんなすんきのお膝元、開田の保育園では毎年園児たちが自分で育てた赤カブでスンキを作っています

2020年のすんきづくりの様子


息子がすんきを持って帰ってきましたので

さっそく「すんき味噌汁」を作りました

味噌は、ふるさと体験館きそふくしま で自分たちで作ったもの


材料から、漬けまで自分たちでやって

それを食べる

そんな大切な経験をさせてくれる保育園、そして先生達

ありがとうございまーす!


今後も続けられるように保護者としても協力していきたいです

保護者も参加していく保育園

それが開田保育園の魅力です


記事作成:2021年12月13日 木村耕紀

閲覧数:13回