お盆を過ぎると開田は…。

開田の短い夏。

それでも今年は6月末から暑く、避暑地と言われる開田高原ですが、30度を超えることもありました。



手前のコスモスの向こうの白い花はソバの花です。天気が良ければその向こうに御嶽山が見えますが、この日は雲隠れ。



 開田の夏といえば、トウモロコシ。まめきびという方もいらっしゃいますよ。

おススメの食べ方はレンチン!

皮を2~3枚むいて、丸ごとレンジに。1本につき5分程。少し固いなと思えばひっくり返して1分ずつレンチンします。

取り出すときは熱いので注意してくださいね。

大量の時は蒸してから、実をほぐして、冷凍保存しています。


もう一つの夏の味は、白菜!!

開田高原の御嶽白菜は今が旬。一般的には冬が旬ですが、開田の冬は寒く。

なかなか市場には出回らない、開田でも貴重な白菜です。


トウモロコシも白菜も、朝夕の寒暖の差が激しい高原で、お日様の光をしっかり浴びて甘みが増して、夜の冷え込みで甘みがギュッと閉じ込められています。




気がつくと辺りにはたくさんのトンボが飛び交い、朝夕の風がひんやりしてきました。

そうです、開田は「お盆を過ぎるともう秋」と言われています。


これから開田を訪れる方は1枚薄手の上着があると良いかと思います。昼間はまだあついですが、暑さが和らいだ感じですね。


開田の短い秋も楽しみたいと思います。


By ミルキー

閲覧数:69回